<   2005年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

桜も散り始めて

全国的に春らしい温暖な季節到来ですね。
今私の住む地方では桜はもう満開。
今日ウチのコオニが入園式でしたが園庭の桜も満開で、いい写真も取れました。
けれど日曜には雨が降りそうで、もうこの桜も日曜からは散り始めてしまうようです。

散る桜というと、やっぱりアスランとキラの13歳の別れを象徴してますね。
SEEDの第一話でも、その他回想でも何度も見て、思わずキラの心情なんかを考えながら、今日も満開の桜を見上げました。


この前の日曜日にCSで「虚空の戦場」を放送していて、なんとなく見てしまいました。
(今週は「遥かなる暁」ですが。)

「遥かなる暁」の方はなんとも、DESTINY放送前の、アスカガの関係をどうにかフォローしたろか?という感じの内容だったように思うので、総集編としては今ひとつ、いいシーンとかもカットされてアスカガ二人が何で急接近したかを中心に書いた私としては物足りないものでしたが。

「虚空の戦場」では、キラとフレイのレイのシーンとか、新作のカットとかもうまく機能して、いい出来だったと思うんですね、総集編として。

先日のブログでも書きましたが、
総集編冒頭の別れの桜に散るシーンのキラの泣きそうな顔を再び見て、やっぱり彼はこの季節はあまり好きではないかもね、と思ったりも。

ということで妄想SSを書いてみたりしました⇒ちぎれたこころ(キラ15歳、SEED戦前設定)

オーヴは日本をモデルにしてあるらしい、ということですがあの地理的位置では桜はどうだろう?と。
ヘリオポリスには人工的に植えてあったかもしれないので、こういう話に、暗いですが。

日曜、雨の降らない間に弁当もって久しぶりに花見でもしてみたいと思いつつ、現在体調が悪くて、寝込みそうですので明日の感想もUPも微妙です。
あまり自覚症状もないままアレルギー性の鼻炎になっていて、風邪から咳が止まらんと思って受診したら慢性気管支炎でほっとけばやばいよ、とか。
ああ、そういわれたとたんダメ人間。ま確かに少し息苦しいんですが。
養生します。
[PR]
by inazuma-pikari11 | 2005-04-08 18:30 | キラ様

サイフォン式コーヒーメーカー

実家に帰ったとき、母が何を思ったか
「アンタコーヒー好きやろ?」
とかいって、コーヒーメーカーをくれました。
ええ、好きですよ、アンディほどではないですが、豆も好きなのはありますし、一日3~5杯は飲みますよ。
で、コーヒーメーカーも勿論持ってたんですが、もう古くなって買い替え時かな?とは思っていたんで遠慮なく頂きましたとも。

すると、中身は本格的なサイフォン式のメーカーでして。

そりゃ、コーヒー専門の喫茶店とかで淹れて貰うにゃいいけど。
自分でお手軽に飲むのにはどうか?と思いつつも。
まあ作ってみましたとも。

はあ・・・!
面倒だわ。
途中で色々手間が掛かります・・・。
今までのはほったらかしメーカーで(もしくはブ○ックス=19円コーヒー、顆粒インスタントはNG)日常ではそこそこの味を楽しむのでもOKだったんで、確かに美味しいけど、美味しいけど。

虎さん。

よくも戦場であんなのと付き合ってたな。

と率直な感想。
また、片付けも大変なのよね(洗ったりするのにパーツが・・・)

美味しいものには手間と愛情。
わかってるんですが。
少しでも時間の掛からないように日々の鍛錬と試行錯誤できた手抜き主婦暦早10年超。
手抜きもいいかげんにしろ!とコーヒーメーカーを通して母に突っ込まれてるようなそんな気にさせてくれました、とほほ。
[PR]
by inazuma-pikari11 | 2005-04-06 23:39 | 種・運命関係雑記

昨日から

昨日からCSでDESTINYの再放送が開始。
昔とは考えられないほどの再放送(という表現ではおかしいかな?新番組?)の速さ。
週一で放送ですが。
フレッツでも放送してCSでも放送して。
それでもまだ視聴率がとれるんですか??

って見てる自分が言うなって。

そういえば今日本屋で「日経キャラクターズ」でしたっけ?
ガンダム特集とかで立ち読みをちょこっと。
DESTINYのコーナーの人物相関図みたいなところで、「キラとラクスはゆるぎないカップル」というような説明文がついてました…。
はあ、そういう捉え方ですか。
戦後2年、キラはフレイを忘れたとは思えないんですが。
ラクスとはいい意味で支えあってると。完璧に恋人、とは思えないんですよね。
しかし、今までの二人を見てるとさすがにいちゃついてるオーラを垂流してる感じですからそう思われても仕方ないか?
寄り添ってる二人、というところでしょうがキラはキラでこれからフリーダムで戦場に。
ラクスは身一つでこれからプラントで父親の跡を継ぐのは難しいとしても、カリスマとしての真の復活を期待してみたいですが。前にフリーダムとかエターナルとかを持ち出した責任は問われないんでしょうかね?アスランは大丈夫?だったけど、ラクスにそれを問うとミーアも破滅だから大丈夫か。
プラントに帰ってダコスタやらと、また地下な活動を。これに今度はディアッカなんぞが参加してくれたらもう万々歳!ラクスにも早く前のような凛々しく、己の信じた道を自力で歩んで欲しい…と。

あれ?「遠く離れてるほどに近くに感じてる~」はキラとラクスにも掛かってくるんだ?

そんなこんなでどうなるんでしょう今後。
レイの正体もわかりそうだし。アスキラはまた敵対?か…ガクリ期待してるけど、またかとも。
それに今のOPでちらつかせた、ネオマリュも後2話でどうにか触れてくるのかも楽しみですが。
また監督のフェイクの踊らされてるんですか?

相変わらず脳内種中心生活です。
幸せなんでしょうね、私。
[PR]
by inazuma-pikari11 | 2005-04-05 02:42 | 種・運命関係雑記

ガンダムSEEDDESTINY24話「すれ違う視線」感想

不穏なタイトルで、アスランとキラがどんどんと違う方向に行くんだろうなあ、と思いながら見ていましたが!
キラの入浴シーンで全部飛びました!ぶっちゃけ、今日の感想はキラまったり入浴。これでけでいいか?とか思ってますよ?油断してたんです!シャワーじゃなく入浴がツボ!だった。

ふぅ・・・落ち着け自分。
毎週言ってますがキラ萌えですので、今日はよく出て良く話し、何やら冷静で悟りのキラモード、アスランとの睨み合いがグッドでした。
では感想です、言っておきますが、腐女子的にはアスキラなんですが何故か私は前作からアスランには厳しい、いつ何時でもキラ至上主義です。


■ミネルバ
ハイネの遺品の搬送を見送り、シンの怒りを聞いて予想どおり過去とダブらせるアスラン。
ニコルが戦死してその後キラと本気でぶつかり合った、そのときはいきなり武力対決ですが今回はまず対話を、という申し出をタリア艦長に。
フリーダムやAAの行動が彼らを良く知ってる、先の大戦では行動を共にした自分からも「理解できない、いや納得できない」という思い。「狙いがオーヴ撤退ならあんな方法でなくとも」と否定的。
「彼らは何かを知らないのかもしれない、間違えているのかもしれない」
対話によって解決できれば、本国が動く前に如何にかしたいし自分も知りたいということだったのでしょう。(考え直させれば温情が?なんて思ってないだろうなアスラン)
すっかりザフトの一員なんですね、と思いました。
この戦いの前に議長と会って、戦争の裏も知った。議長が平和を求めていくのにその根本も叩きたいと言った事に賛同したからこの意見がでたんでしょうが、オーヴでカガリが孤軍奮闘してそれを助けたいとか思っていたことなんて、遠い過去なの?何かオーヴにいた理由を忘れてしまったみたいなアスランでした。
タリアも無駄な戦いだったからと、FAITHとしての判断で探索が必要なら止めない、といいつつもやはりここは冷静な指揮官らしく、飛び立っていくセイバーにお目付け役をつけてたようでしたが・・・したたかですな。

■ミリアリア
って、ザフトに厳しいんだか、アスランに厳しいんだか。
トールのことでアスランに冷たい、という感じではなくて、ミーアとかのこともあるし、地球連合もザフトもジャーナリズムの公平な立場から見て怪しい、としていることが根底でしょうが、欲を言えばキラの友人としてのアスランがまたザフトに復帰してた、ということが気に入らない、という位置づけならうれしいな、と感じたり。
しかし、相変わらずディアッカの話題を拒絶気味に跳ね除けたのがらしくてよかった。でも気になってるのかな?とも思わせたり。
アスラン個人になら力を貸す、彼女はキラよりなんでしょうね、感情的には。

■AA
・マリュさん虎は、カガリを中心に旗揚げしたことについて悩み中。
彼らも探している行き先なのでしょうが、「小さな火を」消さない努力として、地球軍、オーヴ、ザフトに狙われる存在をどうやって切り抜けるのか、大人組の行動に注目なんですが。
・ラクスとカガリ
この二人の本格的会話って、本編では初めてでは?早くこういうシーンが見たかった。
カガリに対して辛辣な言葉を吐いたキラのフォローがこれまでの役目、というところが多かったラクスですが、彼女はミーアに見るようにラクス一人でもプラントにまだ多大な影響力を与えられる存在。
それをどう生かすか、彼女なりに考えがまとまってきたのかな?といった風。
先の大戦では、自分の意思を貫き自分で幕を引いたウズミを父に持つカガリ、どうにか平和をと尽力しながら結局時の権力者に殺されてしまった父を持つラクス。
前回はラクスは自分の力で立ち上がり戦いに介入し、自分のやり方が間違っていなかったかを悩み、「遅かったのかもしれない」とも考えつつ、迎えた戦後もキラの様子を見ては自分のしてきたことを振り返り。そんなラクスだからこそ、今度はカガリがし始めた行動を、「まず決める、やりとおす。それが何かを成すときの唯一の方法」と励ます説得力もあるのかもしれません。
・天使湯
参った!というか見た瞬間誰の趣味?とか叫んだわ。
虎?虎なの?
カガリかな?
しかし、キラの疲れた、というかくったりと目を閉じてた表情・・・!どわ!
ハァハァ、自分がやばかった。
しかし、女湯の会話が聞こえてるよ、キラ。
風呂場は声が反響するもんですが。妙に萌えました。
アスランが悩んでる時にまったり、も~羨ましいだろ!アスラン、とか思ってた私はおかしいでしょうか?
また現実的な主婦視点なんですが、お風呂は宇宙船でシャワーをバカスカ使い放題よりは節水に効果的だと、循環式の風呂?レジオネラ菌にご注意くださいね?AAの皆さん・・・。←こんなこと気にしてみたり、でも無重力では入れんからあそこは重力設定してあって、地上ではロールアウトとかすれば湯はどうなるの?とか風呂のシーンで馬鹿みたいに一杯妄想した私。
・・・・突っ込んだのは皆同じでしょうね。
・「僕が一人で行きます」
ミリアリアの通信に用心するAAメンバー。ラクスのこと、カガリがいるということで慎重なんでしょうね。アスランが帰ってきてる、ということに喜びのカガリに対し、キラは冷静で。先の戦闘の赤いMSが気になってるのかも、と思いますが。
「僕が一人で行きます」とキラの台詞にラクスの「え?」はなんだったんだろうと。
ラクスはキラが一人で行くので置いていかれる、ということが不安だったのか?それともアスランに会うことに否定的な、もしくは危険だとの考えだったのか、ちょっとわかりませんでした。
カガリと行く、といった時のラクスの表情も。
彼女も自分がもう眠っている時期ではないと考えていると思いますので、あのあいまいな、というか不安な表情がちょっと気になってます。

でもこのシーン・・・キラ一人で行って欲しかったわ、腐女子としてまたカガリに・・・!やられましたよね。

■再会
ミリアリアとキラの再会にお花畑を見ました、可愛いなあこの二人。
しかし、次にはアスランがザフトに戻ってると聞かされる双子。そこへセイバー。

ザフトに戻ったことを「どういうことだ」とカガリがアスランに噛み付いて、アスランも「そのほうがいいと思ったからだ、自分の為にもオーヴのためにも、あの時は」と。
同盟を結ぶ前だったから、ということでしょうが。何か違うような?だってカガリは大きすぎる力を否定してたりしたんだし賛同してたのでは?それに始めは父親の考えをまだ支持している人を如何にかしたいと思っていったはずなんですが。あれ?と思いました。
追いうちをかけて「あんな馬鹿なことを」と一蹴。
キラには「おかげで戦場は混乱し、いらぬ犠牲もでた」と責め(キラはこの介入で犠牲者が出るということはわかってたと思うんだけどね)、カガリにも「あんなことする前にオーヴを同盟に参加させるべきでなかったと」責め(ちょっとこれはないんじゃないかな?とアスランはカガリの政治家としての未知数の能力を応援してたはずなのに何だか・・・ちょっと違うぞ?)
言うのは簡単だな、オイ。結局力が欲しかった自分のためにザフトに復帰したんでしょう?と思わせたりも。

アスランはいつからかプラントを中心に平和を考えていて、何だかオーヴが地球側についてしまったら悩みつつもプラントのために戦える状態で。
アスランは議長のやり方や方針が今のところ一番平和に近いと思ってて、地球軍を討つことそこにいるロゴスを討つことが平和に近付くと考えてるんですが、組織にはまった軍人になってしまったなあと思いました。
そのためなら、偽のラクスがいることもスルーかい、ということでキラに突っ込まれてつまってましたが。そこまで議長を信用しちゃってるんですかね、この人。

一方キラは、ラクスがコーディネーターに狙われたことからプラントにも疑惑。地球軍もプラントも信じられない、皆を守りたいからフリーダムを駆る、出始めはエゴな超個人主義。でもオーヴに住む者、ウズミの理念を支持するものとして、オーヴの戦闘を止めたい。その理念を足がかりとして平和を求めたい。
キラたちのやり口は乱暴なんだけど、議長の姑息な方法がどれだけの影響力を持つかも知っているからこそ信じられなかった、と言いたかったようですね。
そして、それを知っていて放置?のアスランを逆に攻めている。キラはアスランだからこそラクスの偽者に対しては厳しくあって欲しいと、思ったといえるでしょうね(元婚約者だもん)。

アスランとしてはこれらのことで「プラント信じられない」とキラに断言され睨まれて(これかなり萌えた!)、自分の信じていたものを否定された、と感じ「キラ!」と怒った風だったんでしょうか?お互いの信頼関係に少しづつひびが入ってきた、というシーンでしたかね。
多分、これから道は違えるでしょうね。信じるものが違ってきてるので。
求めるものは同じなのに、ね。

■ルナマリア
色々知ってしまいましたが、彼女。どうするんでしょうかね。
このネタでアスランに近付く、なんて怖い女じゃないことを祈ります。
しかし、あんな大きな集音器でよくもまあ、見つからなかったこと。

■レイ
何だか、自分に「施設」の探索命令が出るように仕向けて、自爆?
この人、ネオと分かり合ってたのは、ステラとかと同じファミリー???だから。
中盤で廃棄された研究所が出てくるとは・・・。レイの謎が垣間見えてくるんですかね?

なんか、天使湯に持ってかれた私でしたが。

アスランて、ミネルバでもまた孤立しそうだけど、オーヴ亡命組の中でも孤立決定?
キラはアスランがいるミネルバでも、今後自分たちが決めたことに障害になる場合攻撃を加えることが出来るんでしょうか?
レイも何だか一人苦しんでるし。(ギルが飛んできたりして、という妄想が!)
混戦模様のお話、面白くなってきましたね。
[PR]
by inazuma-pikari11 | 2005-04-03 01:13 | destiny感想

桜の季節ですね

まだ帰省中です。ネット中毒だってのにつらい。
耐えきれずにネカフェに来ました。コオニが寝たので。

東京でも昨日あたり桜の開花宣言が出たようですね。
桜か~ということで思い出すのはSEEDのアスランとキラの13歳の別れのシーンな私なんですが。
腐女子の方々は割と神聖な花扱いなこの桜。
二人の幸せな時代の象徴、「桜」「月」なわけです。
私も最近まではそういう感覚で捉えていたのですが。
どうにも違うような。

キラにとっては桜にいい思い出はないように思います。
トリィをもらったけど、アスランとは別れ←この時点でキラはプラントには行けないのでは?と薄々知っていたとも思いますし。
アスランはキラが来ると信じて結構希望を持っての旅立ちだったと思うんですよね、だからそれを思うと、キラにとっては別れの花・季節。

そう思って桜を見ると勝手に切なくなったりして。
妄想なんですけれど、これでまた話が書けそうなので書ければこっちにもつなごうかな?

明日。
どんな風に二人は再会するでしょう。
アスランはキラへの信頼を無くしているでしょうか?
カガリの想いを理解するのでしょうか?
キラはザフトのアスランを、どう受け止めるでしょうか?

妄想は猛々しく頭の中を駆け巡っています。
家にいないのでSSが進まなくて悶々してます、帰ってたら書きたい話いっぱい書こうと思います。

HPのほうは今日OPEN でいろいろするつもりでいましたが、家に帰れませんでしたので明日・・・。ああああ~ガクリ。
[PR]
by inazuma-pikari11 | 2005-04-01 22:03 | キラ様