2005年 01月 28日 ( 1 )

ガンダムAからの話題で失礼します。

月末なので、「ガンダムA」が発売されてて、いつものように購入しました。(前回も書きましたが目的は安彦ガンダム、ガンダムさん、ASTRYです)
SEEDDESTINY特集表紙の見開き、フリーダムでカガリを助けに行った後、カガリをコックピットに乗せたキラ画に癒されました。できるならキラだけのカットがよござんした。
カガリ、ごめんよ。アウトオブ眼中、つかその驚き顔ヘンテコ。
このイラストを描いてるのが森下さんなので余計嬉しくてね~。
前作から、平井さん以外では大貫画も良かったんですが、キラに関しては森下画のほうが好みでしたから。やわらかいタッチで描かれるので、キラの優しく繊細な性格がよくでてるような気がして好きなレーターな方の一人、つか筆頭。
本編もキラ活躍のところでは森下さんに回ってこない巡りだったので、先週は待ちに待った作画監督の番で嬉しかったんですが、またこうして改めて見るとまた感じが違って良かったかな?ま、一緒のカガリが美人さんな絵にほど遠くて・・・・見なかったことにしたいけど。
前作と比べると髪が伸びて、大人っぽい感じで何故か儚さは倍増のキラです!この絵に関してなら髪が伸びたというより、髪の量も多いわけね。
アスラン・・・うらやましいだろう!

なんて、キラブログなのに最近キラ語りをしていないことに気づきました。
キラ萌えなんだからキラのこと書こうよ、ということで。ほんのちょこっと書いてみた。

今週の総集編はどんな視点で行くんだろうか?と考えてみたんですが、皆様のブログを読んでいるとどうやらサイがでるらしいのね?ただ出演してくるのか、案内役的なナレーションなのか、一般人サイの視点で描かれるのか、オーヴの一民間人からの視点で描かれてたらメチャ楽しみだ、とか到底無理なことを考えたりしましたが。
30分の総集編ではキラは出るか出無いか、微妙だろうからね~(もし、サイのオーヴ民間人報告的内容なら可能性あるかもだけど)悲しい。どうせアスランと議長とかでしょ、シンだってやばいしね、これまでをまとめるったってあんま出てな・・・(自主規制)

ということで「一人フライング総集編祭り」で昨日の続きの2・3話を流し見たので一言感想。
最初の頃はキラも出ないし、議長の胡散臭いとこばかりを追いかけてたな私、と思い出し。(今も議長が足りないので早くお出ましになっていただきたいですが)
しかしなんですな、カガリはシンに「奇麗事はアスハのお家芸だな」と怒りをぶつけられるまでは、理想ばかり追いかけて市井はどうだったかホントの所は見えてなかったの?父の理想を貫くのに犠牲になったのは、国土と自分の父親やその周囲の自分にかかわる人だけだとか、思ってたのかもしれないな。
議長に話しかける言葉もどちらかというと、カガリの方が上位のような語り口調だし。本当に姫様だったわけでした。(どうしても辛辣になりますな・・・悲しいことに)

そのカガリと行動を共にしていたアスランがどんな心境だったかを、「ガンダムA」のDESTINYアスランサイド「THE EDGE」でも描かれていましたが、もっと掘り下げて欲しかったな~と思います。公式なものではないにしろかなり期待していますので。
アスランが議長のことをどう思ったかとか、カガリが発言している時どう感じたのか、とかの部分がみたかったと思うわけです。

2・3話の感想の付けたしですが、
今まで殆ど触れてこなかった連邦軍側の3人ですが。
「アウル」に潜む残酷性にどうやら惹かれている模様です。
いきなりブロックワード言ったり、毒舌な黒い感じがどうもツボ。
最近あまり出ないのですっかり忘れてました(笑)
これで、キラ以外の私の注目キャラは今のところ、ミネルバはアーサー、連邦はアウル、オーヴはユウナ(出るんかいな今後)、プラントは議長、ということに←うっわ濃いな。
アスランやシンでないところが私らしいな、という今後の見所を整理した一人総集編週間というところで今日は締めときます。

今日夜から実家に旅立ちますので、次の感想ブログは早くて来週月曜。
実家ではまた15話を見よう!(悲しいかな一週遅れでPC環境なしなんでフレッツも無理)新たな発見もあるかもしれないしね。

そうそう、ガンダムA読んだ人にしかわからない上くだらないので反転
P99のバレンタインデー企画(極上ラブチャンスゲット法)チャートを進んでSEEDデスキャラから相性ぴったりの人を選ぶお遊びで、皆さんは誰になりました?
私も、なんじゃこれ、と思いつつやってみたら
「イザーク・ジュール」でした(爆)
彼は『異性にドリームを抱き続けるタイプ』らしく、『日頃おっさんのりのアナタもとことんまでフェミニンかつガーリィなチョコを選択しましょう・・・(以下略)』
日頃おっさんのりのアナタも
見・・・見抜かれているような一文だった・・・ガクリ。

[PR]
by inazuma-pikari11 | 2005-01-28 00:48 | 種・運命関係雑記