ガンダムSEED DESTINY19話「見えない真実」感想

今日のタイトルから言わせて頂けば、見えないのは「議長です」。
久しぶりに出てきたと思ったら喋る喋る、それでこそ議長ですが。彼の語り口を聞くと何処までが真実で何処までが芝居、というかフェイクか、境界が見えなくて狐につままれてる印象が強いのですが。
それでは、感想を。

■アイドル登場
ピンクのザクウォーリアの手に乗って登場!しかしそんなに引く場面か?アスラン。
ここで突っ込んでおきたいのは、コンサートに対するそれぞれの反応だったと思います。
ヨウランとヴィーノは一目散にコンサートに走り。群がってる群衆の仲間入り。まんまと騙され組&ミーハー、基地の外には地元民もいますね。
シンは見てるが興味なさそう。本物がわからなかったしね、以前。
フォーク姉妹は、恋敵になる予定の女など見たくはないはず。
ハイネ、一瞥。どうもからくりを知っていそう。
アーサーも「これはホントに運がいい」とミーハー組
タリアはため息、この方も知ってる?ようなただ呆れていたような。
アスランの心境は「王様の耳はロバの耳~!!」だったとか(笑)動揺しすぎだぞ?ちょっと。
それぞれの反応が面白かったですが。皆ただの慰問と思って見てるんでしょうかね~?

ここでコンサートする意味って、やはり開放されたディオキアの慰問に来てるということに政治的な意味があるんでしょうが、今後もミネルバが開放したと思われる所にはやってくるんでしょうね、議長的にはアスランとミーア(ラクス)をセットにしておきたいような意図も感じられますから。それに議長が地球に来てるって事はきっとトップシークレットでしょうが、ミーアを一人プラントには置いて置けないという後ろ暗い所もあるだろうし。
そのあたりを、ミリアリアが暴きますかね。
ミリアリアはキラたちと連絡を取り合っていると思えますので、ミーアは偽者だと知っているはずで、写真を撮っていたこととかどう今後ストーリーにかかわってくるかが楽しみです。

しかし、やりすぎだよね。あんなラクス…どう考えても別人です。
あのピンクザクウォーアの操縦士…どうやって選ばれたんだろう。専属?羨ましいんだかなんだか、微妙ですが。

■楽しそうだザフト
連合3人組も、引くわよね、あのコンサート。
今度のこの強化人間は、前よりマシとか言われてたけど。
自分達が「やれるかやられるかだけだ」という台詞から、彼らの立場は戦果がなければそれで終わり、という厳しい立場にいることを自覚してるので中途半端よりも哀愁が漂いますね。現実逃避で海を見ていた人もいましたけど。
けど、ネオが意外といい人らしくて救いがある。ようなんですが、まだ分かりませんけど、彼も所詮コマの一つでしょうが…ネオも含め彼らがロゴスの実働部隊なんでしょうから、使えないと分かれば即捨て、なわけですかね?(是非合体時を狙って勝って欲しかったり。)

■レイ!
まいりました、あのレイ。
あのかわいいレイの行動でご飯三杯いけます、いやいきました!
「元気そうだね、活躍は聞いている。嬉しいよ」
「ギル」
ハグっ!
議長にとって彼は重要な研究材料か、と思っていますがどうも親子のような?感じでもありますしね。
この関係は、何があっても議長を裏切ることはない、離反はしそうにないですね。
しかし、頬を染めよったな…カワイイ!が冷静なレイとギルの前で豹変するレイ。二面性を感じたりも。そのあたりのわけをまたしても知っていそうなタリアですが。この女性も謎ですね。

■議長と会談なパイロット。議長の狙いは?
ミネルバの紅パイロットを呼び寄せる議長でしたが、その目的は何だったんでしょう。
前線で戦う者の意見を聞きたいから、ということを言ったりしてましたがそれが本当の目的ではなく、労いたいということもあったでしょうが、ホントはアスランとだけ会いたかったのでは?と思います。他の連中はアスランに対して疑問を抱かせないためのさくらっぽいと思えました。
何故って、せっかく自分の方につかせたのには、ラクスの情報やAAのことを知っている人物であるし、政治的にも利用価値があるから疑問を持たせて離反させたくないでしょうしね。

議長はこの戦争の現状を、「地球連合が何の譲歩もしないため戦闘などしたくないがどうにもできない」と表現したので水面下の交渉は続けているように感じます。が、今回の開戦のからくり、というかどうして戦争がなくならないか、軍需産業の存在(自分達の利益のために存在するロゴス=ブルコスの母体など)を明かし彼らに戦いの根は、ナチュラルとコーディネーターという構図だけではないということを意識付けていました。そして「できることならそれを何とかしたい」という議長の思惑も告白し、パイロットたちに目先のことだけを考えるのではなく大局を見よ、と示唆したように一見思わせました。が。
どうも、信じ切れませんね、議長。
タリアはこの議長が話したことの全てではないけれど知っているような感じでしたし、話の途中レイを見据えたりしたのが気になりましたね。
何かまだ裏がありそうです。
戦いのない世界を目指してはいると思いますが、腹に一物抱えすぎてるような印象が拭えません。私の穿ち過ぎでしょうかね。

■アスランとシン
現実的なシン
「確かに戦わないようにすることは大切、敵の脅威があるときは仕方がない、戦う時には戦わないと、何一つ自分達すら守れない。普通に平和に暮らしている人たちは守られるべき」
シンはもっともなことを言ってるんですよね、確かに軍人としては大切な心構えだと思います。しかしその場を収めるだけの手法なんですよね。根本的な解決にはなってないんですが、何かのきっかけでそれに気づきそうにも思います。
理想を目指すアスラン
カガリに以前言われたことを引用
「殺されたから殺して~(SEED#31慟哭の空の一説ですね)、私はその時答えることができませんでした、その答えを見つけられないまま戦場にいます」
アスランはまだ答えがでない、といってますが軍人として戦っているうちは難しい問題だと思います。今の状況でいる事にジレンマを感じているように思いますがやはり彼は自分で首を絞めているような…また置いてけぼりなの?とか心配です。
現実的に物事を見ているシンと、現実と理想をどうにか近づけようとするアスラン。
シンは議長の前ではアスランをたててたりしましたが、まだ対立しそうですね。

■アスランよ!またか
ミーアとの会食の前に議長に連れてかれるアスランでしたが。
なんか、偽ラクスのこととか前回の茶番のような作戦とかで議長に少しは疑いを持ち始めてかも、とか思ってましたが。アレ?そうじゃないのか、という様子でした。AAのことを知らせて欲しいとか頼めるんだし、ミネルバメンバーと一緒の時も議長に少しの違和感を感じてそうでしたが決定的ではなくて、ですね。まだまだ信頼しているんですか?
しかし、議長が地球に降りて来たのは、「アスランの動向を自分の目で探るため」ですね。
AAひいてはラクスはどうしているか知りたい、もしかして君なら知っているかも、などともっともらしいことを言ってますが、アスランの耳に「ラクス襲撃」のことが彼の耳に入っているかどうかを探り、居所を知りたいらしいですね。(やっぱりラクス襲撃の黒幕?議長にしてはお粗末な作戦だったと思うんだけど)
しかし、問題はこの時のアスランだよ~!
ラクスが一緒かと問われ「はい間違いない」とか言ったのはまあ、想像範囲。
「キラが…!」と言いかけたな!!こら!私はキラびいきだから言っとく。
君はクルーゼにもキラの存在を打ち明けたりして大変なことにしたでしょ?またかよ!
微妙な立場にいるキラのことを知らないとは思うけど、これで議長は知らなかったかもしれないキラのことを印象付けたか?フリーダムのパイロットかもしれないことを勘付いたか。これで、接点発生確実。(←思い込みメチャ入ってますがお許しを、夢みさせてくださいって喜んでますけどね、私。)しかしよく口を滑らしてくれるね・・・。
「こんなことを繰り返す我々に彼女はもう呆れてしまっただろうか」
どのツラ下げてそれを言うか!議長ってコワイ!
そういえばあのザクウオーリアも、国家予算で製作、だよな。恐ろしい人だ。

さて、来週はまた総集編クサイな、と思ったりしましたが…どうなんでしょう?

さあ、これからは勇者&腐女子仲間のみ反転で(たいした内容ではないんですが、一応)

■ハイネ
黒かな?と思いますね、どうにも。議長愛人バッジありだし。この後どう絡むかな?ちょっとアスランに明るく?攻めていって欲しいような。
■ギルレイ~!
もう、先にも言いましたがレイ…どう考えてもあの二人は濃い関係だと。というか久々にキタ、と思ったら議長にハグか!萌えた!ぶっちゃけ今日のDESTINYあのシーンでおナカ一杯。
しかし、なんでアスランにホテル譲ったんでしょうか?
君はアスランの次でイインデスカ?と突っ込みましたよ。
■「その前にアスランちょっといいかね」
この議長の台詞の後、「何処に連れ込むつもりだ、オイ!」と叫んだのは私!
びっくりしたよ、ストレートすぎて議長みんなの前ですよ?
ええ、その調子でゲットしてください。
■久々にアスランから
「キラ」って言ったなOKOK。これでまた今度キラが出てくるまで耐えられます。(単純だな私)
アスキラーだから。
先ほど見た「僕らの音楽」(フジ系)ガンダム特集でしたが次のEDの映像(線画の)タイアップ、キラとシンでしたか?でしたね?よし!
萌えをありがとう。これでまた生きていけます。
とりあえず今日はこのあたりでまた腐女子萌えは後日!

[PR]
by inazuma-pikari11 | 2005-02-27 00:43 | destiny感想
<< 議長の魅力 真っ黒くろすけ出ておいで! >>