久しぶりに

昨日から久しぶりに働きに出ました。
別に私は政府税制調査会が発言し問題になった「主婦ニート」ではございません。
転勤族な幼児の子持ちがただ単に条件にあった仕事を見つけられないだけです。
子供が熱を出したりしたら誰かが休まないといけない・・・。預けるところがない。あっても高すぎる。ということもあります。いいわけかもしれませんが、それでは働いている意味が霞みます。
都会では田舎より核家族化が進んでいて預けるところが多いのかもしれません。だからすぐ利用できるかもしれませんが田舎になるとなかなかそういう施設自体探すのが問題です。
病児を預けるとなると手続きに走り回らないといけない公的機関の託児所はすぐにはうけいれてくれないし人数制限もある。
私の職種は子供の何かのときに穴を開けるのが難しい職種で、それを考えるとなかなか条件に合わない、わけです。
ですが、まあなんとか見つけられまして、パートですが週2~3回働くことに。といっても10月の次は3月。同じ職に携わっている人は何をしているかわかるかもしれません。

随分予習とシュミレーションをして臨みました。今回の業務は初めてですが、初めてだからという理由が通らないからです。それができる国家資格を持ち、即一人前の仕事を要求され、相手にする人からはその方面のスペシャリストと思われていて戸惑うことは許されませんし、それが資格を持つ者への当たり前の期待です。間違いは許されませんから、なかなか骨が折れました。
人相手のお仕事で詳しく書くとまた問題になるといけませんので避けますけど医療系のお仕事です。

でも働くっていいなあ・・・。
早く子育てに今まで以上に手がかからなくなってフル復帰したい。

政府も、こういう私みたいな人の職の斡旋を企業に促進し、また突発的に子供を預けられる環境を自治体が率先して廉価で気軽に預けられるような所を作らないと少子化には歯止めが利きませんし、特に子育て中の主婦は働きません(働かないでいい人はいいですが)。
子育てにお金がかかるから子供はもういいという人も多い。じゃあ、働けばお金は手にできるじゃないか?ですが環境が許さない、といった上記の図式が殆どだと思います。
お年寄りが増え公的負担が多くなる、けど支える人は少なく働かない、ではどうにもならないと思います。
まあ、ボヤキですけどね。
そんな感じでまだまだ条件に合う仕事は探しています。
あるかどうかが問題ですけれどね。
[PR]
by inazuma-pikari11 | 2005-10-06 09:46 | 日記
<< BLOOD+第1話「ファースト... ガンダムSEED DESTIN... >>