交響詩篇エウレカセブン#3「モーションブルー」感想

3回目にしてリアルタイム、やった!有言実行!
というか3時半ごろに寝たのに、コオニに起こされましたと、5時半に。
だから仕方なく見ました・・・もっと寝たかった。

せてしかし、早起きは三文の得だったか、エウレカセブン第3話。
寝ぼけ頭で一度しか見ていませんので台詞の端々、ニュアンスが少し違うかも、しれませんがご了承ください。

気になる台詞で(というか覚えてる範囲の台詞で)ツッコミしてみよう。
・(レントンとエウレカが手を繋いでいるところを見て)「まさか・・!」(ホランド)
⇒な・なんですかその過剰反応。なんかまずいの?
・「だってキミ、私の子供みたいなんだもん」(エウレカ)
⇒あらら、完璧恋愛対象外ですぞ。
・「(男の水平線なる雑誌を見つつ)いかーん、非常にまずい、何もできないまま・・・」(レントン)
⇒ってキミ、何かするつもりでいたか、やっぱりね。うん普通な子供、少年の反応がとても好感が持てました。常日頃種キャラなんぞ見てましから、何か新鮮だった。
・「キミって面白い」(エウレカ)
⇒キミこそ天然だと思いますよ。
・「俺が背負わされてたもの、逃げない。修行してくるじっちゃんのようなメカニックになる為に」「じっちゃんの孫なんだぞ」(レントン)「年寄りを泣かすんじゃない」(サーストン)
⇒孫の為を思って頑なに隠していたもの、そして頑固に接していたジサマ。でもいつか背中を押す機会があればあれば惜しみなく彼を旅立たせるつもりだったんでしょうね。まだ父親のことがすべてオープンになってないけど今後この2人の家族にかかわる家族の絆、もっとみたいなあと。お姉さんが出てきてジサマと再会して欲しい。
・「こんな日が来るとお前用の工具を用意した」(サーストン)
⇒間に合わず・・・もっていってほしかったよ、。レントン。何かジサマ将来どうなんだろうとか心配なんだもんね。
・「この時もっと深く考えていれば・・・」前回の怪現象跡を見てレントン
⇒深く考えなかったことがきっと何かの厄災を引き起こすのでしょうが・・・。不吉です。「破滅の光(@ジサマ)」ですからね。
・「エウレカを笑わせた子」「普通の子」「見込み違い」「ダサイ」(ゲッコーの皆)
⇒お笑い芸人でも呼んだ様な盛り上がりだったんでしょうかね。なんかこの皆さんの乗りはとても楽しみです。でも期待してるってことはそれだけエウレカが稀有な存在で笑わないお方?なわけでしょうが・・・。そこまで言うか?しかし。
・「私の子供」(エウレカ)
⇒マジで?キミ・・・そう見えて30歳ぐらいなら・・・。つか何もんよ?「姫」とか前回呼ばれてたしな。謎は増える。

今日のベスト台詞「男は家に帰ったらパンツ一チョよ」(ホランド)
いえ、状況が許すなら、女もそうしたいです、はい。

ゲッコーステイトの船が飛び出し、トラパーを読むホランドとのツインの飛行がなんとなくこの世界の説明の象徴的な風景でゲッコーステイトの特徴なのかも、と感じました。
なんにしろ、レントンはよく胸中を喋ってくれるので分かりやすいです。
そして彼もこの世界の構図が分からないという一般人の視点なので、実に我々と近い。彼を通してこれからもこの世界を旅していくんでしょうが。
しかし、ホランドの仲間は、面白そうですな。ハッキングのオタッキーみたいなのから、ホランドを尻に敷く姉御っポイ操縦士のお姉さん。
今後のやり取りが楽しみです、ゲッコーステイトの皆様の。
でも、空軍のオヤジも、可哀想といえばかわいそう・・・。首飛ぶよね。

ああ~情報部将校の少尉・・・出番ありましたっけ?今一番気になる人なのに・・・!

ちょっと、得したような日曜の朝。でも来週は・・・また録画かもな。
[PR]
by inazuma-pikari11 | 2005-05-01 10:43 | エウレカセブン
<< テロリストキラはブラックキラと... ガンダムSEEDDESTINY... >>