アスラン議長に口説かれるの巻/ガンダム種des#10感想

ガンダムSEED Destiny#10「父の呪縛」のレビューです。
タイトル通りアスランの回、そしてやはり、シンが・・・!「くそ!」って誰に言ったのよ?
ああ早くどうにかしてあげて!
さて気を取り直して。

・キラ!
キラ好きの私、ワンカットでもキラが出れば生活に糧!今回はアバンタイトルでその儚げで美しい憂い顔を拝見できました。それも今日の作画は森下氏!ああ~一週間生きていける。しかし、核の光を見たキラ。クルーゼを回想したりしていましたがこの出来事が彼を突き動かす何かになるのか。アスランはなんとなく今後戦いに巻き込まれていくんだろうと想像できますが、一度精神を病んだらしい彼。MSに乗ることは相当のトラウマとなっていると思いますが、またフリーダムを駆るに至るその心情、是非物語の中で語っていただきたいですが・・・。
ムリかな~今度の主人公のシンでさえまだキャラ立ちしてないのに、アスランばっか主役でその上キラもじっくり描くなんてことは。期待しないで待っとこう←してるけど。
この夜空を見上げたキラの思うところはアスランだけを心配して欲しいというのが心の叫びなのですが。

・アスラン
グルグルと悩み続けプラントに帰ってきて、核を撃たれたことにトラウマのある彼は、父の支持者がいたことと相まって、議長の前でかなりテンパってしまいましたね。いいのかな~弱みみせて、議長は真っ黒だと思うんでちょっと心配(でも私腐ってるから議長×アス視点ならこれもヨシ)
「俺はアスラン・ザラです」で、自分を偽ることができないと振り切ったところはよかったんですが、先の戦争を振り返って「間違いと気付いても何一つ止められず、全て失って」と発言。苦しい胸のうちを吐露。そうか、得るものはなかったんだ、となんとなくその台詞がショックでした。
キラほどではないにしてもアスランも戦争で傷ついた一人で、戦後は今までの地位や名誉を全て失って微妙な立場に一転し、一民間人になってカガリの私兵的立場、公的には何も持ち得ない。それでもまだどうにかして世界の為にと思って一人頑張ってた。アーモリーワンで災難に遭遇し、議長には「名は存在を示すものだ」と言葉攻めの搦め手に引っかかり、ユニウス7では父の信奉者に食って掛かられ、頑張って護ったカガリとオーヴに帰ればユウナに嫌味攻撃され、無力な自分に苛立ってたのがとうとうここに来て爆発。それを分かってもらえたみたいに優しくされうまく議長に利用されていくご様子(どうにもシンは色々報告したな?)

何か、はっきり見える力を欲しているアスラン。そこに提示されたセイバー。
「だから思いを同じくする人には共に立ってほしいのだ」「力が必要だろう?」と直球の口説き文句付きで、いくらその表情や態度が胡散臭くても、ぐらついて仕方なしかな~。

・デュランダル議長
ますますもって腹黒さ倍増なお方。
今回の気になった発言に突っ込もう。
「放って置けば奴らはまた撃って来る」←やる気満々では?
「だが、嬉しいことだよキミがこうして来てくれたということが」←ええと、狙ってますか?アスランを自分ハーレムの一員として。足りないわけね、タリアとレイとシンとミーアでは。
「我ながら小ざかしいことだと」←シャア・アズナブル?
「私のラクス・クラインが言っていた通りだ」←え?ララァ・スンがなんだって?もしくはクエス?
「我らが誤った道に進もうとしたら正してくれ」←認めないくせに!
「そんな時に力を持っていて欲しいんだよキミには」←だから賄賂受け取って私の私兵になれ!アスランってか?
ああ次から次へと色んな言葉で口説きますな、そしてますます穏健派ではないと確信。
一話から「力」をキーワードに持っているんですから、危険思考。いつ化けの皮を剥ぐことやら。

・ミーア・キャンベル
可愛いなあ~ミーハーなのが身を護る擬態で、いくら腹の中が黒くても、いつか自分がラクスに成り代ったろ~と思っててもやはりボッキュボーンは必要だし。よく見たら凄くセクシーな衣装だった。
でもアスランがミーアに「私の演説聴いてくれました?」のくだりの回想シーンで、あの旧作#36のラクスに「アスランの信じて戦うものはなんですか?」と冷水浴びせられたシーンが来て、目の前のミーアの純粋そうな態度と比べてるのがなんか、ああ、アスランってラクスの容姿は好みだけど、ああいう腹に一物抱えててはっきりキツイこという女は苦手だったんだ、ぷっ(笑)でした。だから、まだラクスに未練?と思っている私にとっては彼女に興味を持ってさらに、「ミーアは誰にも必要じゃない」とかで絆されていくのかも。
でも!アスランの回想でシンに「貴方もオーヴに戻るんですか?」でキラ(とラクスはアウトオブ眼中)の後姿!シンよ、アスランはキラがいるからオーヴに帰るのよ?という1コマでした。ほんとのところ、終戦から2年、何もかも失ってと言わしめた彼の心の拠り所はカガリではなく、キラとラクスだったと思います。キラも出生からの自分を覆され本当の居場所は無く、ラクスも父を失い帰るところが無くなり・・・この二人の境遇が父は失っても帰るところも失う地位もなかったカガリとは異なるところ。
だから勘違いな恋や泥沼はやめてキラの処に帰りなさい!アスラン。

来週の予告はどうやらニコルの墓参りで元ザラ隊私服再会と思われました。イザークディアッカ好きなんだよね。嬉しいけど、何よりキラが出るかどうかだ!
でもホント心配になってきたから、シンを出してあげてください。
[PR]
by inazuma-pikari11 | 2004-12-19 04:07 | destiny感想
<< キラのオシリ! 初書きです。 >>